ミャンマー旅行〈5日目:バガン地区〉

ミャンマー旅行の4日目は遺跡をメインに観光しましたが、5日目は黄金を見る機会が多かったです(写真左)。

1日目と2日目に観光をしたマンダレーでは白を基調にした建造物が多かったため、バガン地区でミャンマー旅行始めての黄金を目にした際は、黄金は不変な価値を持っているんだなと感じました。

数パーセントの範囲で上下する金の先物取引のチャートが、仮にこの時代まで遡ることが出来ればどの程度の価値なんだろうかと疑問にも思いました。

採掘技術力の兼ね合いできっと今より価値が大きいはずですが、何十倍も違う可能性もあるのかな。

 

Vegetarianism

ミャンマーのバガンという僻地でもグーグルさえあれば大抵のことは解決出来てしまいます。

バガンでは日本人が想像するような所謂レストランは希少です。屋台のような、ガレージのような、そんなレストランがほとんどです。

私達はグーグルで美味しそうなレストランの目星をつけて写真緑色のレストランに向かいましたが、前情報無しではここが美味しいとは想像出来ません。

ちなみにお店の名前はThe Moon Vegetarian Restaurantです。オーナーがベジタリアンなのかは分かりませんが、全てのメニューがベジタリアン向けのものとなっています。

カレーが有名なお店らしく、私達もカレーを中心にしたメニューを注文しましたが、どの料理も美味しくて満足出来ました。

 

quest

食後は電動バイクで平野を駆け巡りました。この日も天気が良くドライブ日和でしたが、路面は相変わらず凸凹しており、途中親指を土でできた岩(?)にぶつけてしまい少々流血してしまうハプニングも。

ドラゴンクエストの勇者になった気分で色々な遺跡を巡る日常も本日まで。悔いの無いよう、沢山の遺跡に訪れました。

 

メジャーどころの遺跡以外は大抵人がいないので、遺跡は貸し切り状態でゆっくりと過ごすことが出来ます。

写真左はちょっとした高台から撮ったものです。ここは夕日が綺麗に見える場所らしく、夕暮れ時には人が沢山集まるそうです。

私達が訪れた際は午後3時頃。人は一人もおらず、日光だけが降り注いでいました。

コメントを残す

Please enter your comment!
Please enter your name here